7/28(日)JFLの名門『HONDA FC』と『NPO藤枝東FC』の3~4年生を対象に実施したビーチサッカートレーニング。
西部地域を本拠地とするホンダFCは昨年に引き続き2度目、中部地域の藤枝東FCは初の試み。

海に面した静岡県ですが、ビーチサッカーができる環境は西部地域が主。
その為に藤枝東など、中部や東部などの地域でビーチサッカーを行える場所は限られて来ます。

地球と密接な関係にあるビーチサッカーの仕組みや温暖化および異常気象を再確認。
トレーニングの前にはボールを置いて、隣の豊浜海岸にてビーチクリーン作戦も行いました。
指導者も保護者も子供たちと同じように現状を見て触れて頂きます。

ビーチサッカーに関しても、子供たちの悪戦苦闘を見るだけではなく。
自らが体験し、ビーチサッカーがサッカーに繋がる共通点を体感して知って貰います。
同時に家族やチーム内の大切なコミュニケーションを増やすキッカケを与えます。

どんな選手に育って欲しいか?
この育成のROOTSを是非思い返して頂きたいと思います。