5/19(sun)湘南ひらつかビーチパークにて開幕した『東日本ビーチサッカーリーグ2013』

スポジックの活動で数多く登場してくるビーチサッカー。
ご存知の通り、まだまだ知られていないフットボールのひとつでもあります。

ただ、こうして2年目のスタートを切りました…
東日本復興プロジェクトのひとつとして2012年に選手たちが立ち上がり発足。
普及・育成・強化はもちろん、地球環境の問題意識を高めていくのもアクションプランとなっています。

今期は8~10チームに増えて、北は青森から南は愛知まで国内最大域のビーチサッカーリーグです。
よって日本代表選手も数多く在籍したリーグになりますが、今後は東北・関東・北信越・東海といった地域リーグ発足に繋がっていくと信じています。

みんなで協力し、みんなで普及・発信をしていくのが、忘れてはならないROOTS。
この何気ない日々が、日本サッカー界の未来を明るくし、日本人に新たな夢を与えると信じています。

東日本ビーチサッカーリーグ2013 実行委員長
澤田達哉(SPOSiC JAPAN 代表)