東北・関東・北信越・東海地域の8チームが集結して初年度を迎えた【東日本ビーチサッカーリーグ】!

復興・普及・環境の3つをキーワードに記念すべき幕開けをしました。
5/19(土)静岡県を皮切りに、6/3(日)長野、8/3(日)青森、10/21(日)神奈川と回っていきます。

ここ掛川市大東町ビーチスポーツ公園運動場も含め、すべてが人工ビーチまたは埋め立て地。
今やビーチサッカーは地球環境と隣り合わせのスポーツ。

そこで今回は【スポジック静岡】が参戦するということもあり静岡のテレビを含め各メディアが集結。
ホストチームとしての会場設営の舞台裏から2011年全国1位&2位との戦いなど、画像でたっぷり振り返ります。