スポーツの祭典で最も大きいのは、サッカーのW杯。
オリンピックよりもサッカーのW杯は世界の経済を豊かにします。

このまま世界の経済が両手を挙げてしまったら、毎年サッカーのW杯を開催するしかないでしょう。
少なからず、日本人はこの手のイベントは好きなようだ。

そして、今度はそのレベルを世界に近づける時が来ました。

三重県から浜松市の 『sposic cafe do』 まで観戦に来てくれた方達もいました。
サッカーは国境を越え、人種を混ぜ、ボールひとつで会話ができるスポーツでもあります。

人のポテンシャルは、いったいどこまで伸ばすことが出来るのだろう。
好きという発想は、なんともシンプルで恐ろしい力を持っているのだろうか。

MAX40名の店内に60名。
外には、40名のサッカーファンが列を作った。

東京でもなく、大阪でもなく、福岡でもなく。
傾きかけた浜松の街中、それもローカルな場所にある 『cafe do』 に集まってくれた方達をリスペクトし。
活力に変える大きなメッセージを貰うことができるW杯。

そして、何よりスポジックを崇拝してくれているスタッフたちをリスペクトしたいと思います。
FOOTBALL Revolution!
PACE!
by.tatuya sawada