毎年GW期間中に神奈川県逗子市の海岸で開催されている『逗子海岸映画祭』。
サブタイトルになっている「海が見える映画館」の名の通り、夜は海の前で映画上映。
仕掛け人は世界も注目するクリエティブ集団『CINEMA CARAVAN』。

そんな日本を代表するイベントに2012年からビーチサッカーが加わり参加しています。
昼の時間を活用して大会や子供たちによるビーチサッカー体験スクールの開催。
他にもビーチサッカー日本代表選手を含むチームとのエキシビジョンマッチも実施。

映画だけじゃなく、音楽や食、スケボーなど複数のカルチャーとの融合。
とくに今年は『JAZZY SPORT DAY』と題し、スクリーンに向かって登るボルダリングが実現。
おそらくビーチサッカーコートの横で登るのも映画スクリーンを登るのも世界初の試みでしょう。

浜松を飛び出し刺激多き発信を体感する。
今年もビーチサッカーの可能性を目の当たりにした気がします。