7/31(日)に浜松市南区五島の砂浜を使った【第3回 遠州灘ビーチサッカーフェスティバル】が開催されました。
今年は浜松市制100周年記念事業として、浜松市100年に携わった来賓者をお招きし、PK100ゴールを実施。
サッカー界では、JFL【HONDA FC】監督の大久保貴広さん、Jリーグ【ジュビロ磐田】からは育成コーチの鈴木秀人さんが参加してくれました。
台風6号の影響で出た大量の木屑や花火の残骸を約2週間の集中ビーチクリーンで取り除き。
前日の準備から雨が降りはじめ、当日も雨がパラつく悪天候でしたが、テントを立てて決行。
小学生をはじめ、今年は中学生、高校生と幅広い年齢層の方たちが集まり、ビーチサッカーに奮闘。
つい先日まではコートが横に2面とれた五島の砂浜も今では1面がギリギリの状況。
温暖化の影響による海面上昇は深刻な問題であり、今から向き合わないと行けない問題です。
ビーチスポーツが教えてくれる数々のメッセージ。
是非、浜松市には未来の遠州灘を想像し、今のうちにビーチスポーツを継続できる環境を提案して戴きたいものです。