この背中に刻まれている言葉は、キューバの革命家 『チェ・ゲバラ』 が残した名言のひとつ。
「勝利に向かって限りない前進を」

スポーツは、「勝つ」か「負ける」かの2択を競うゲーム。
これを人生に例えると、「YES」か「NO」か、これまた2択になっていきます。
すなわち、この世は「2択」で成り立っている。
今回のケースでは、選ばれるか?選ばれないか?
実にシンプルで分かりやすい答えです。

SPOSiC JAPAN ビーチサッカーチーム 背番号8 『小牧正幸』 選手
11/3~7まで沖縄県宜野湾市トロピカルビーチにて行われる 『ビーチサッカー日本代表合宿』 に招集されました。
昨年同様 『ラモス瑠偉』 監督率いるビーチサッカーの日本代表チームは、今回18名を選出。
合宿中の5~7には、イラン代表との国際親善試合も控えています。

人生の最大のライバルは、我が自分。
どんな時にも最終的には自分との戦いであり、団体組織で躍動するのも自分次第。
日常に転がっている小さな決断の数々も自分次第。
だが、自分が周りに勇気を与えることも出来、助けることも出来、融合することも出来、求められることもある。
対「自分」から、対「人」。
これが組織で連動すれば、君はその団体に必要不可欠となっていくでしょう。
未来の為に自分のために・・・
ONE LOVE SPOSiC y Vamos No.8