ロンドン五輪サッカー男子決勝でブラジルがメキシコに敗れた翌日。
合宿中の子供たちは、未来の自分作りに向けてトレーニングに励んでいました。

前日の基礎練習とは打って変わって、2日目は水中トレーニング。
サワダ監督では恒例の夏のメニューです。

水中トレーニングは暑さを緩和する水遊びでだけではなく、地球の凄さと怖さを感じさせます。
また、その中でボールと遊ぶフッチボウリスタとしての魂を育てる。
活字を追うより、彼らの顔を見れば説明要らずでしょう。

それにしても2日間という短い時間でしたが、最後に行ったゲームはビーチサッカーになっていました。
一人ひとりの将来性や可能性を指導者や保護者も発見できたのではないでしょうか。

次回は、8/18(土)19(日)更なる静学進化を目指して実施予定です。