年末年始直前で、しかも「 クリスマスイヴイヴ 」という忙しい時期でしたがやってみました。
大人から子供までもが、フットサルというスポーツを通じて会い乱れるファミリー大会の開催!
12月23日に屋内フットサル場1面を所有する浜松のスポーツクラブ 「 IBFOX 」 に集結。
フットサルの経験がないお母さんやお父さんをはじめ、ボールも蹴ったことがない子供たちが 、
大人たちを真似するようにビブスを着て、そして 「 ボールを追いかけ、汗を掻き、笑い、喜び、
悔しがり 」 フットボールに魅了された貴重な時間となりました。
その姿とは非常に新鮮で、またフットボーラーの原点を見ることができましたようが気がします。
とにかくいつも以上にエンターテイメントフットサルを追求したフレンドリーな大会となりました。



ルールは、経験者2名 + 未経験者3名で構成され、中学生以下の子供は2名まで出場可能。
そして、女性未経験者や子供は2点というファミリー要素が強ければ強いほど得する設定にし、
賞品も、うなぎパイでお馴染み「 春華堂 」のクリスマスケーキや生活必需品とファミリー使用。
今は成人し、別々の家で生活をしている家族が久々に集まり、フットサルでコミュニケーションを
取って、改めて家族の温かさを感じ、これまで以上に絆が深ることができてくれれば幸いです。
尚、参加チームは2家族の兄弟を軸にした「 スカイドラゴン 」、幼稚園バス仲間3家族で構成の
「 MARIA 」、主に1家族から「 サワタテ 」、同級生で構成された「 神本ファミリー 」の4チーム!
結果は、未経験女性が活躍した「 スカイドラゴン 」が優勝し、クリスマスケーキをゲットしました。